休診日 日曜

075-254-7331
075-254-7338

どちらの番号でもご予約を承っております

カウンセリング予約

メニュー

京都の美容外科
すなおクリニックの
二重切開法

  • はっきりとした二重ライン
  • まぶたの重みがスッキリ
  • 元に戻る心配が少ない

scroll

こんなお悩みは
ございませんか?

  • まぶたが厚く、腫れぼったい
  • アイプチでうまく二重が作れない
  • 埋没法が取れてしまった
  • くっきりと幅の広い二重に憧れる

目は顔の印象を大きく変える大切なパーツです。だからこそ、理想の目に近づけるために、メイクやアイプチで工夫する方も多くいらっしゃいますよね。「二重切開法」は、まぶたを切開し、必要に応じて余分な皮膚や脂肪を除去して縫い合わせ、目のまぶたを二重にする施術方法。このようなお悩みを抱えている方におすすめです。

切開法なら脂肪をしっかり除去してパッチリ二重に!

「まぶたの脂肪をすっきりさせたい」
「埋没法で二重にしたのに取れてしまった…」

そんな方には切開法がおすすめです。メスを使用してまぶたを切開し、余分な脂肪を除去します。また、皮膚をしっかりと縫い合わせるため、一度施術を行うと元に戻る心配がほとんどございません。

目元に合わせて選べる!
小切開法と全切開法

すなおクリニックで行う切開法には、2種類の施術方法がございます。
まぶたを切開する長さが長く、しっかりと綺麗な二重ラインが作れるように行う「全切開法」と、切開する幅が短いので腫れや傷跡が小さく済む「小切開法」の2種類です。

厚みが気になるまぶたには全切開法がおススメ

全切開法は、余分な皮膚を除去したり脂肪を除去しながら、比較的自由なデザインで二重ラインを形成することができる点が特徴です。
まぶたの皮膚のたるみが強い方、まぶたの脂肪が多くまぶたが厚い方でも、すっきりした二重まぶたに。
気になる傷跡は、二重のひだにかくれるように縫い合わせます。皮膚のたるみが強い方の場合はわずかに外側に傷がでることもありますが、ほとんど目立ちません。

ダウンタイムが気になる方は小切開法がオススメ

約1cmの短い切開ラインから、必要に応じて余分な脂肪を除去し、二重ラインをしっかりくせづけする施術です。
小切開法は全切開法ほどは二重のデザインが自由にできませんが、切開部が小さいため傷跡が小さくて済む点が特徴です。また、全切開法よりも腫れが少なくダウンタイムも短くなります。

麻酔術による
腫れや痛みへの対策

切開法は、まぶたにメスを入れる施術方法のため、もちろん麻酔を使用して施術を行います。点眼麻酔後、まぶたに麻酔を注入しますが、濃度の濃い麻酔薬をごく少量使用して痛みを感じにくくさせることにより、「麻酔薬による腫れ」を抑えた施術を行います。

また、麻酔を注入する際には、34ゲージという髪の毛ほどのとても細い針を使用し、血管を避けながら麻酔をすることで内出血のリスクを抑えております。

極細のマイクロ糸による縫合で、さらに美しい二重ラインに

切開法による二重整形をしたいけど、切開法による傷跡を不安視して、切開法を躊躇する方も多くいらっしゃいます。
当院の切開法の手術では、美容外科用の細い糸を使用し、丁寧に縫合します。縫合の跡は二重ラインと一体化しますのでほとんど目立たなくなりますが、傷跡をできる限り残したくないという方には、さらに細い糸による「マイクロ縫合」を追加メニューとしてお選びいただけます。
マイクロ縫合とは、手術用顕微鏡を用いて、目を凝らさないと見えないような極細のマイクロ糸で皮膚を縫い合わせる方法で、傷跡が目立ちにくくなるのが特徴です。

施術の
流れ

  1. 1

    来院のご予約

    当院は完全予約制です。お電話、もしくはカウンセリング予約フォームからのご予約をお願いいたします。不安な点や治療に関するご質問もぜひ併せてお問合せください。

  2. 2

    カウンセリング

    実際に施術を行う医師が時間をかけてじっくりとカウンセリングを行います。患者様の理想の目の形や、「こうなりたい」というご要望を細かくお聞きした上で、二重の幅やデザイン、施術方法をご提案。しっかりと時間をかけて、患者様と一緒に決めていきます。

  3. 3

    施術

    施術は清潔な手術室で行います。進行状況や痛みの確認を医師・スタッフでお声がけしながら施術を行います。個人差がございますが、施術時間は両まぶたで1時間前後です。

  4. 4

    術後のケア

    施術後は目元を保冷剤で冷やしながら、縫合部の出血がある程度おさまるまでリカバリールームでお休みいただいております。すなおクリニックでは、できるだけ患者様にとって負担の少ない施術を目指しております。

  5. 5

    アフターケア

    施術1週間後に抜糸を行います。抜糸の際に状態を診察しますが、抜糸以降にも腫れや経過が気になる場合にはお気軽にご相談ください。

切開法についてよくある質問

Q 腫れはどのくらい続くのでしょうか?
A

二重まぶた切開法のダウンタイムとして、しばらくは強い腫れがあります。腫れの強さは手術当日の夜にピークに達し、そこから徐々に引いていきます。
腫れの残りやすさには個人差がありますが、大きな腫れのある期間は1~2週間程度です。
2週間後には違和感が少ない状態となりますが、二重の幅が若干広めに見えるような軽い腫れが残ります。
見た目の違和感は無くても、医学的な意味で腫れが引き、二重のラインが狙った幅に落ち着くまでには、約3ヶ月ほどかかります。

Q 施術後も通院が必要でしょうか?
A

抜糸を手術の1週間後に行います。抜糸後も、経過が気になる場合はお気軽にご相談ください。

Q 施術後の腫れは帽子などで隠せますか?
A

切開法の施術後は、まぶたにガーゼを貼りますので、大きいメガネやサングラスをご持参いただくことを推奨しております。

詳細情報

施術時間

約1時間

抜糸・施術後の通院

1回(抜糸のため)

麻酔

局所麻酔を注入します

施術のリスク・副作用

腫れ・内出血・左右差・出血・感染

切開法の
料金

小切開法 小切開法 ¥264,000(税込)
小切開法+
マイクロ縫合
¥319,000(税込)
全切開法 全切開法 ¥330,000(税込)
全切開法+
マイクロ縫合
¥385,000(税込)

カウンセリング予約