休診日 日曜

075-254-7331
075-254-7338

どちらの番号でもご予約を承っております

カウンセリング予約

メニュー

女性ならではのデリケートな
お悩み・コンプレックスは
すなおクリニックへご相談を

医師・スタッフ全員が女性

scroll

scroll

女性特有のこんなお悩みはございませんか?

  • 小陰唇が大きいと感じる
  • 女性器の黒ずみが気になる
  • デリケートゾーンを綺麗な見た目にしたい
  • 尿漏れをするようになった
  • 性交渉の際に痛みを感じる
  • 出産以降、膣に違和感がある

「婦人科形成」という言葉をご存知ですか?
女性器やその周囲など、女性のデリケートゾーンに関するお悩みに対して行う治療です。デリケートゾーンは、人と比べることがなかなかできない部位のため、友達や家族にも相談しにくいですよね。上記のようなお悩みを抱えている方は、婦人科形成の治療で改善するかもしれません。「自分だけが悩んでいるのかな」と思い詰めずに、ぜひご相談ください。

すなおクリニックの
婦人科治療メニュー

女性器は様々なパーツから成り立ちます。
すなおクリニックでは、女性の様々なお悩みを改善できるよう、幅広い治療方法をご用意しております。

小陰唇の大きさ・形・色にお悩みの方へ

クリトリス(陰核)の包皮を取りたい方へ

膣のゆるみ・乾燥・性交痛に
お困りの方へ

加齢や出産による
尿漏れにお悩みの方へ

小陰唇縮小手術

小陰唇とは?

小陰唇とは、女性器の割れ目、つまり膣の入り口部分の両側にあるヒダのことを指し、膣に雑菌が侵入するのを防ぐ「蓋」のような役割をしています。

この小陰唇の形、色には個人差があり、膣の蓋としての役割以上に大きい場合には、座っているだけで痛みを感じたりすることも。
左右で大きさが異なる場合には、トイレの際に片側に尿が跳ねてしまいがちです。
また、小陰唇が大きいことで下着にこすれ、その摩擦により黒ずんでしまうことがあります。

このようなお悩みをお持ちの場合には、小陰唇縮小手術で形を整えることをおすすめします。

小陰唇肥大の症状

小陰唇肥大は名前の通り、小陰唇が大きくなることや左右差が生まれることを指し、度合いによっては炎症が起きてしまう症状です。

しかし、デリケートゾーンのお悩みは周りの方に相談しづらいですよね。
そのため、自分の小陰唇の大きさが一般的なのか否かを自己判断するのは難しいと言えます。
以下は、小陰唇肥大の可能性が高いと考えられる症状ですので、ぜひご参考にしてください。

ヒダがはみ出て見える

小陰唇が大きい方は、鏡の前に立ち、正面からデリケートゾーンを見た際に、ヒダが大陰唇よりも大きくはみ出て見えます。

また小陰唇の左右差や大きさによって、尿がどちらか一方にはねてしまうことや、大陰唇との間に垢が溜まりやすくなるなど、日常生活への支障をきたすことがあります。

小陰唇肥大は見栄えだけでなく、女性器としての機能にも影響が出てしまうのです。

痛みや違和感がある

小陰唇肥大の場合、自転車に乗った時やイスに座った時に、挟まるような違和感が現れます。

また、スキニーやデニムなどのパンツを履いた時に小陰唇がすれてしまい、痛みや痒みが生まれ、お肌の炎症に繋がる原因となります。

色が黒ずんでいる

小陰唇が大きいことで、小陰唇が黒ずむことがあります。

この黒ずみの原因は、小陰唇の大きさによって生じるこすれや圧迫にあります。擦れ合うことでメラニンの生成が刺激され、小陰唇がだんだんと黒ずんでしまうのです。
日本人は特に小陰唇の黒ずみが起きやすい肌質であることから、とても多くの女性がこの症状に悩んでいます。

小陰唇の切除例をイラストで解説

  1. 1

    小陰唇の大きさが気になる場合、余分な部分を切除して形を整えます。

  2. 2

    左右の大きさが違う場合、左右対称になるようにバランスよく切除します。片側だけが大きい場合には、片側のみを切除します。

  3. 3

    黒ずみは主に小陰唇の外側にあることが多いため、小陰唇縮小術を行うことにより黒ずみ部分の量を減らすことができます。

すなおクリニックによる小陰唇縮小術の手術方法

小陰唇縮小手術は、肥大した部分を切除し、縫合します。
しかし、このとき肥大している部分を平面に切除するのではありません。小陰唇は立体的な構造をしている上、曲線を描いた形状をしています。

そのため、単純に肥大した部分をハサミで切るように切除してしまうと、切除した端の部分が急に途切れてしまったような、角のある形となってしまうのです。

その問題を解決するため、京都・すなおクリニックでは、小陰唇の端を「くさび形」に切除します。くさび形に切除した部分を丁寧に縫合することで、外側に向かって自然に皮膚が薄くなる形になります。

クリトリス包茎手術

クリトリス(陰核)包茎と
その症状

クリトリスとは女性器の一部で、別名を陰核と呼びます。
小陰唇上部にある突起した部位であり、大きさは約5~7ミリと、人によって個人差があり、その形も様々です。

そのクリトリスを守るように覆っているのが、クリトリス包皮です。
子どもの頃は包皮に覆われていますが、成長と共に自然と露出した状態になります。手で包皮を移動させることで露出する場合は仮性のクリトリス包茎、包皮がむけない場合は真性のクリトリス包茎です。
クリトリス包茎の度合いによって、このような症状を引き起こすことがあります。

垢が溜まりやすくなる

クリトリス包茎の構造はポケット状になっているため、恥垢(ちこう)と呼ばれる、尿やおりものなどの分泌物垢が包皮の間に溜まりやすくなります。
生理時に不快な臭いを感じたことや、性交時にデリケートゾーンの臭いをパートナーから指摘されたことのある方は、この恥垢が原因であることが少なくありません。

不感症になる

クリトリスには神経が集中しているため、女性の性感を高める役割があり、男性器と同じように刺激や興奮によって勃起する現象が起こります。

しかし包皮が厚いとクリトリスが露出しないことで、感度が鈍くなり、性的快感を得にくいという悩みや、不感症へ繋がる可能性があります。そのため、パートナーに指摘されてクリトリス包茎を疑いはじめた、という女性も多いのではないでしょうか。

すなおクリニックのクリトリス包茎手術

クリトリス包茎手術は、余分な包皮を一部切除し、クリトリス自体が3分の1程度見えるように仕上げます。
包皮のポケット部分が浅くなることで、恥垢の溜まりにくい清潔な状態を保ちます。

またクリトリスが露出することで感度も改善されます。
クリトリス包茎手術の切除箇所は粘膜部分のため、傷跡も残りにくく、自然でキレイな仕上がりです。

膣のエイジングケア

膣のゆるみや性交痛は
切らずに改善

膣のエイジングケアとは、出産や加齢によって引き起こされる下記のような症状を改善する治療方法です。

膣のゆるみ

膣のゆるみとは、膣が広がって膣の締まりが悪くなっている状態です。
入浴時にお湯が膣に入ってしまうのは、膣のゆるみが引き起こす現象のひとつです。また、パートナーに膣のゆるみを指摘されたという女性も少なくありません。

膣乾燥・膣萎縮・性交痛

腟乾燥は、膣内に潤いがなくなってしまい、膣が乾いてしまう状態です。
さらに、乾いた膣内が硬くなってしまい、膣壁が弾力を失って薄くなってしまう状態が膣萎縮です。
腟乾燥と膣の萎縮によって、常に膣のかゆみや痛みを感じたり、下着や自転車のサドルなどの摩擦によって膣に痛みを感じたりします。

また、膣内が乾いて弾力がなくなると、性交渉のときに痛みを感じる、いわゆる性交痛も引き起こります。若いころには感じなかった痛みを、出産後や更年期以降には感じるようになったという方は、膣乾燥や膣萎縮が起こっているかもしれません。

膣のエイジングケア治療では、熱による刺激によって膣粘膜の線維芽細胞が刺激され、コラーゲンが生成されます。すると、膣の厚みや弾力が増して膣壁がふっくらし、膣のゆるみが改善します。
膣粘膜の細胞を活性化させることで、膣の細胞に厚みを出し、膣萎縮・膣乾燥を改善し、潤いのある膣を取り戻すことができます。

また、膣粘膜が健全な状態に戻ると粘液の分泌量が増えて、性交痛が改善されます。

エルビウムYAGレーザーによる治療「Petit Lady(プチレディー)」

当院では、エルビウムYAGレーザー機器「ActionⅡ」による膣のエイジングケア治療を行なっております。

360度くまなく照射できる婦人科専用のハンドピース「Petit Lady(プチレディー)」を使用。
膣内に挿入し、エルビウムYAGレーザーを膣の奥から手前までまんべんなく照射します。
痛みや肌ダメージはほとんどなく、ダウンタイムもほとんどありません。

尿漏れ治療

すなおクリニックの尿漏れ治療は、膣のタイトニングとセットで行います。尿漏れの原因のひとつに、膣のゆるみが考えられるからです。
そのため、膣のタイトニングのみでも尿漏れの症状が改善されることもありますが、尿道を引き締める部分に熱を加えることで、しっかりと尿漏れの改善に効果を発揮します。

レーザーで尿道を引き締めて尿漏れを緩和

尿漏れの治療は、膣のタイトニング治療に加えて、尿漏れ治療専用のハンドピースを用いたレーザー治療を行います。

膣の上部層にあって尿道を引き締める内骨盤筋膜や靭帯、そして膣の粘膜組織にレーザーによる熱を加えます。これによって、尿道周囲に収縮効果を与え、しっかりと尿道を支えられるようになり、尿漏れを緩和させます。

カウンセリングから施術まで、すべて女性医師が担当

すなおクリニックでは施術を行う女性医師がカウンセリングを行い、女性のライフスタイルや身体への負担を考えて、お一人おひとりに合わせた治療方法をご提案します。また、写真やイラストを使って、しっかりと治療の詳細をご説明いたします。

どんな些細なことでもかまいません。女性器や尿漏れについてお困りのことがある方は、お気軽にご相談ください。

本当に必要な治療だけを
ご提案します

お顔のつくりと同じで女性器に「普通」はありません。
京都・すなおクリニックでは「機能として困っている」「見た目を変えたい」など、患者様が本当に困っていることをしっかりとお聞きし、改善するための治療方法だけをご提案いたします。
カウンセリング・診察の結果、行う必要の無い部位の施術を提案するようなことはありませんのでご安心ください。

プライバシーへの配慮

すなおクリニックのスタッフは、医師も含めて全員が女性です。

同じ女性として患者様のお気持ちがわかるからこそ、「恥ずかしい」「心配」と感じるお気持ちをなるべく取り除けるような取り組みを行なっております。

施術の
流れ

  1. 1

    来院のご予約

    当院は完全予約制です。お電話、もしくはカウンセリング予約フォームからのご予約をお願いいたします。不安な点や治療に関するご質問もぜひ併せてお問合せください。

  2. 2

    カウンセリング

    鍵のかかる個室でカウンセリングから診察まで医師が直接行います。
    婦人科の診察の際は、当院で用意している専用の着替えにお着替えいただき、診察自体は数十秒で終了します。また、小陰唇縮小術の場合には写真を使用して施術方法を詳しくご説明いたします。

  3. 3

    施術

    施術は、プライバシーが守られる清潔な手術室で行います。外科手術の場合、個人差はございますが30〜50分ほどで終了します。膣のエイジングケア・尿漏れ治療の場合、施術時間は約15分〜30分ほどです。

  4. 4

    術後のケア

    外科手術(小陰唇縮小手術・クリトリス包茎手術)には出血のリスクがあるため、施術直後から約2時間ほどリカバリールームでお休みいただきます。しっかりと出血が治まってきたことを医師が確認してからご帰宅いただきます。お休みいただく間には、お菓子やお茶のご用意もありますので、リラックスしてお過ごしください。

婦人科形成について
よくあるご質問

Q 自分の小陰唇の大きさが気になるのですが、人と違うのか、治療が必要な程度なのかがわかりません。気にしすぎているだけかもしれませんが診察してもらえるのでしょうか?
A

人に相談しにくい部分だからこそ、診察後に必ずしも施術が必要ないと判断されることも多くございます。お悩みになられている部分がある場合、ぜひお気軽にご相談ください。

Q 膣縮小(膣のタイトニング)は、すぐに効果が表れるのでしょうか?
また、どのくらいの頻度で施術を受けた方がいいのでしょうか?
A

膣の引き締まり・若返りは、初回の治療から徐々に効果が出始め、個人差がありますが約3週間後にしっかりと効果が発揮されます。
1回でも効果が実感いただけますが、1~2か月おきに1~3回の照射を続けることで、より粘膜の若返りや膣の引き締め効果が実感いただけます。

施術のリスク・副作用

小陰唇縮小術
腫れ・内出血・出血・感染
クリトリス包茎手術
膣のエイジングケア
腫れ・出血・おりものの増加
尿漏れ治療

婦人科治療の料金

小陰唇縮小術 片側
¥ 162,800(税込)
両側
¥ 239,800(税込)
クリトリス
包茎手術
(陰核包皮切除)
¥ 77,000(税込)
膣の
エイジングケア
(ActionⅡ)
1回
¥ 173,800(税込)
膣のタイトニング
+尿漏れ治療
1回
¥ 209,000(税込)

2回セットや、再施術の料金表はこちら

婦人科形成・尿漏れ治療の全ての料金表

カウンセリング予約